玉置孝匡
  • 玉置孝匡
  • 玉置孝匡
  • 玉置孝匡

玉置孝匡

Tamaki Takamasa

  • 生年月日:1972年4月11日
  • 出身地:大阪
  • 趣味:音楽鑑賞(特にクラシック音楽が大好き)、絵画鑑賞
  • 特技:フルート吹奏、日本舞踊
  • » ブログ「たまきんぐれいと!」
BIOGRAPHY

72年、大阪府寝屋川市生まれ。
小学校に上がると同時に、京都に近い山崎という町に越す。
サントリーのウイスキー工場がある水のきれいな町で小、中、高、大学時代を過ごす。
島本町立第二小学校、同第二中学、島本高校と、高校までは地元の学校に通う。
高校では、美術部か吹奏楽部か迷った挙句、美術部に入る。
三年の夏、大阪府高校展で、部室の一部をモチーフに描いた100号の油絵が奨励賞をいただく。
将来は、美術の先生になるつもりであった。
わたしの中の故郷はこの山崎だ。

高校時代まで、女の子と話すのがとても苦手であった。恥ずかしくて……。
今でもあまり得意ではないけれど、その時代はほんとに一言も話せなかった。
大学で芝居を始めたことで女性とも話せるようになる。

高2の秋ごろ観たフランシス・F・コッポラ監督作、映画「タッカー」に主演したジェフ・ブリッジスの演技に魅せられて俳優を志す。
91年に大阪芸術大学、舞台芸術学科、演技・演出コース、演劇に入学。
20名前後の同級生たちと以降4年間かなり楽しく、幸せな時間を過ごす。両親のおかげ!
特に、三泊四日の淡路島合宿や、白浜合宿は忘れられない。淡路島では、昼は砂浜でバーベキュー、カレー、夜はまた砂浜で、先生の車のヘッドライトだけでギリシャ悲劇の試演。
大学では楽しい事しかなかった。

大学1回生の授業中に演じた「マクベス」のマクベス役が妙にハマっていたことから、「マクベス」転じて、「まっく」と呼ばれるようになる。
このニックネームは、東京に出るまで使われた。
(PPPPで芝居をするようになってから、たまきんぐと呼ばれるようになる。ちなみに最初にそう呼んだのは、ぼくもとさん。彼女がつけた。)

大学在学中には、学内外でいくつか舞台に立つ。

1991
  • ★「アウリスのイピゲネイア」(作・エウリピデス、演出・山口先生)
  • ★「MAD・DOCTOR」(作・演出 田中良介)〜よその大学の学園祭に参加したが、1,500の客席に8人くらいの見物で、びっくりした。
1992
  • ★「曲がり角の悲劇」(作・横内謙介 演出・西山先生)〜主役をさせてもらった。
  • ★「朝日のような夕日をつれて」(作・鴻上尚史 演出・自分たち)〜自分たちというのは、そういうチーム名とかじゃなくて、ホントに自分たちでの意。チラシにも演出誰とか載せなかった気が……。
1993
  • ★「アルジャーノンに花束を」(作・ダニエル・キース 演出・宮村先生)〜私は、演出助手もやった。実習後よく先生の研究室へお邪魔して、冷えたビールをご馳走になる。
  • ★「デジャ・ヴュ」(作・鴻上尚史 演出・たろー先輩)
1994
  • ★「から騒ぎ」(作・W・シェイクスピア 演出・小澤義明)〜主役をさせてもらう。大学の卒業公演。学長賞をいただいた。

更に深く学びたいと思い、4回生と並行して兵庫県にあるピッコロ演劇学校へも通う。
恩師、秋浜悟史には、大学と、ピッコロで教わった。
芸大、ピッコロを同時に卒業し、その年、兵庫県立ピッコロ劇団に入団。
二年くらい頑張る。

ピッコロ劇団での出演作
1994
  • ★「二分間の冒険」(作・岡田淳 演出・秋浜悟史)〜劇団に入っていきなり主役に抜擢される。大変だった。歌ったり、踊ったり、和太鼓叩いたり。
  • ★「わたしの夢は舞う」(作・清水邦夫 演出・秋浜悟史)〜書き下ろし。書生役。
1995
  • ★「学校ウサギをつかまえろ」(作・岡田淳 演出・秋浜悟史)〜第二次被災地激励活動として、兵庫県の小学校をたくさん回る。
  • ★「四人姉妹」(作・岩松了 演出・藤原新平)〜この時初めて岩松さんの存在を知る。
1996
  • ★「心中天網島」(作・近松門左衛門 演出・石澤秀二)
1997
  • ピッコロ劇団での学校等指導業務に耐えられず、退団を決意。上京。
  • 先に上京していたピッコロの先輩と一度舞台を作る。
    ★「エンジェル・ハイロウ」(作・演出 箱井雅幸)
1998
  • ★「スターマン」(作・演出 岩松了)〜初めて、舞台のオーディションを受ける。何とか合格し出演することに。岩松さんとはピッコロでお会いしていたが、だからオーディションで受かったのでは決してない。 この公演で、戸田昌宏さんに出会い、のちにプリセタヘのお誘いを受ける。この出会いが私の後々の活動に大きな影響を与えている。
  • ★「スーパー歌舞伎 オグリ」(作・奈河章輔?戸部銀作? 演出・市川猿之助)〜アンサンブルで出演。 この時一門の皆さんの踊りを見て、のちに日本舞踊を習い始める。花柳奈千穂先生に。
日舞の出演作品。
  • ★「寿」、「松の緑」、「松の羽衣」、「雨の五郎」、「独楽」、「橋弁慶」、「連獅子」、「黒髪」、「釣女」など。確か00年くらいから3年ほど通ったが現在は、幽霊部員みたいになっている。
  • ★「Zenmai〜金色の草原に立つ時限爆弾を持った少年〜」(作・春口洋 演出・渡辺えり子)〜スターマンを観たえり子さんから直接自宅に電話があってびっくりした。
1999
  • ★プリセタ「ガニアナ」(作・倉持裕 演出・世田谷ジェッツ)〜戸田さんのお誘いのおかげで、倉持氏と出会う。
  • ★「かもめ」(作・A・チェーホフ 演出・岩松了)
2000
  • ☆「2mの魚」(作・演出 倉持裕)〜ついに旗揚げ。このころは10年後に劇団員としてやっているなんて、思いもしなかった。中山祐一朗さんと死ぬほど稽古した。(以下、劇団公演は作・演出省略)
  • ★このあたりで、大学の同級生が旗揚げした「パンプキン劇場」という劇団に出ているが、資料も残っておらず何も書けない。
2001
  • ★プリセタ「ミイラ」(作・倉持裕 演出・世田谷ジェッツ)
  • ★「不死鳥よ波濤を越えて」(?)〜松平健さん座長の公演。梅田コマ劇場。もちろんアンサンブル。
    次の「暴れん坊将軍」と併せて、随分商業舞台を勉強させていただく。
  • ★「暴れん坊将軍」〜裃嬉しかった。
2002
  • ☆「不満足な旅」〜OFF・OFFシアターの楽屋緊張した。中山さんげーげー言うてた。
  • ★確かこのあたりで、ピッコロ劇団の先輩と、関西で「アート」という舞台を上演。ノンストップコメディーの筈が、満員のお客さんはピクリとも動かない、笑わない、ストップコメディーになった。稽古が少なかったり、初日本番前に、私と先輩が大喧嘩したりそんなことも影響したのかしないのか?今となっては笑えます。
2002
  • ☆「握手したら指を数えろ」〜この辺りから芝居に対する考え方が変わっていく。これまでは、稽古の初期の段階からセリフを細かく分析したり色々決めつけていたのだが、それをせずに成行きに任すようになった。
2003
  • ☆「ドリルの上の兄妹」〜畳の上の芝居が面白かった。
  • ★岩松了プロデュース「傘とサンダル」(作・演出 岩松了)〜初めて岩松さんの千本ノックを受ける。
  • ★KERA・MAP#2「青十字」(作・演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ)〜豪華な出演陣に圧倒され緊張した。
  • ★プリセタ「オートマチック」〜男だけの作品で気を遣うこともなく楽しかった。
2004
  • ★ザ・シャンプーハット・プロデュース“エスラボ”「みかん」(赤堀雅秋)〜稽古場で初めて泣く。
  • ☆「スマイル・ザ・スマッシャー」〜難しい作品だった。
  • ★阿佐ヶ谷スパイダースプレミアム「真昼のビッチ」(作・演出 長塚圭史)〜先輩方に囲まれて楽しかった。カーテンコールダブルが来ると、私がセンターに立って三方礼をするのがしきたりみたいになってこれまた楽しかった。圭史君の演出も好きだ。
  • ☆「246番地の雰囲気」〜半端ないセリフ量だったため、無事初日を終えた時に泣きそうになる。
2005
  • ☆「機械」〜これまた大変だったが、客演さんが助けてくれる。
  • ★岩松了三本連続公演「センター街」(演出・倉持裕)
  • ★クリオネプロデュース「パリアッチ」(作・演出 倉持裕)〜地方公演から始まる不思議なスケジュールだった。初めて福岡へ行く。
  • ★はえぎわ「Mジャクソンの接吻」(作・演出 ノゾエ征爾)〜舞台上で風呂入ったり、生卵頭に割られたり、凄かった。貴重な経験。
  • ☆「不満足な旅」(再演)〜再演は色々勉強になる。
2006
  • ☆「道子の調査」〜待望の大阪公演。客席しーんとしてた。
  • ★阿佐ヶ谷スパイダース・プレゼンツ「イヌの日」(作・演出 長塚圭史)〜とても勉強になる公演だった。
    旅公演がたくさんあった。空いた時間を使ってこの頃から水彩画を描き始める。
2007
  • ★M&Oplays+PPPPプロデュース「ワンマン・ショー」(作・演出 倉持裕)〜旅公演寝坊した。
  • ☆「ゆらめき」〜坂井さん戸田さんのコンビがとてもよかった。
2008
  • ★the company
    オフ・ブロードウェイ・シリーズ「バーム・イン・ギリヤド」(作・ランフォード・ウイルソン 演出・R・A・アッカーマン)〜しごかれたなー。しかしボブさんは素晴らしい。
  • ★M&Oplaysプロデュース「まどろみ」(作・演出 倉持裕)〜この公演を機にグルメ部が発足。
  • ☆「審判員は来なかった」〜盆回ったな〜。仁君と、聖ちゃんが稽古場をポップにしてた。
  • ★プロペラ犬第二回公演「ジャージマン」(作・楠野一郎 演出・福原充則)〜設楽さん芝居むちゃうまかった。
2009
  • ★オリガトプラスティコ「しとやかな獣」(作・新藤兼人 演出・ケラリーノ・サンドロヴィッチ)〜最後に三分くらいだけ登場する役。勉強になった。楽しかった。
  • ☆「cover」〜初本多。いつか一月くらい公演できるようになりたいね。
  • ★東京グローブ座「雨の日の森の中」(作・演出 西田征史)〜お祭り騒ぎだった。
2010
  • ☆「謝罪の罪」〜10年。記念すべき作品だ。とても楽しかった。
  • ★日本語を読む、ドラマリーディング形式による上演〜「ポンコツ車と五人の紳士」(作・別役実 演出・柴幸男)〜たった二日だけど勉強になった。
  • ★「吸血鬼」(作・青木豪 演出・茅野イサム)〜初パルコ嬉しかった。仲良かった。
  • ★M&Oplays+PPPPプロデュース「窓」(作・演出:倉持裕)
  • ★世田谷パブリックシアター 現代能楽集V『「春独丸」「俊寛さん」「愛の鼓動」』(作・川村毅 演出:倉持裕)

現在、ペンギンプルペイルパイルズに所属。それ以外の事務所等には所属せず活動中。